FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弟子達は死を覚悟していた COREFACTS 第7章

第7章 弟子達は死を覚悟していた サウロは、ステパノを殺すことに賛成していた。その日、エルサレムの教会に対する激しい迫害が起こり、使徒たち以外の者はみな、ユダヤとサマリヤの諸地方に散らされた。使徒8:1 導入 十字架のイエスの傷が致命的だった、そして、彼が死の後肉体をもって人々に現れたと主張していたと我々が確認した今、これらの主張の結果を調べることによって真実であるという更なる証拠を考慮する時だ。 この章は復活の真実を示す最も強力である証拠に言及する。 証拠 おそらく、復活の有効性のために最も強いデータは、人がうそのために死なないという事実だ。 使徒の各々がヨハネを除いてキリストの復活を説くための殉教者の死を遂げた。ヨハネは油で煮られて、それからパトモスへ追放された。 しかし、現代の調査者はどのように、弟子全員は迫害されたか絶対の確実性で示すことができない。しかし、我々は彼らが死を覚悟していたと絶対の保証で言うことができます。 イエスの身体を隠すことから利益を得る唯一のグループは、使徒だった。 ユダヤ人のリーダーとローマ人は、イエスの生死が混沌のうちに終わることを望んだ。 その場合問題が残るのは、「なぜ、彼らは偽りであるのを知っていた何かのために、すべて死ぬか?」 人はうそのために生きる。しかし、彼らはどんな状況でもうそためには、死なない。 思い出して。これらの弟子全員は異なる分野の出身だった、そして、彼ら全員が洗脳されたことはひどくありそうもない。 たとえ彼らが狂った人間であったとしても、彼らが前のリーダーの死体を見たという事実は残る。 ゲイリー・ハーバーマスは説明する。 苦しんで、それらの信条のためにさえ死にたいという彼らの継続的な意欲が、彼らが信条を真実であることと心から考えたことを示すのを思い出して... 人々は彼らが真実であると思っていることのために死ぬかもしれない、しかし、全グループが恐ろしく苦しむ用意があって、彼ら全員が嘘と知ったことのために死ぬと思うことことは合理的でない。71 同様に、J.P.モアランドは説明する。 弟子は、新興宗教を始めることによって利益を得る何も持たなかった。 彼らは、困難、嘲笑、敵意と殉教者の死に直面した。 これを考慮して、説いていたものがうそであるということを知っているならば、彼らはそのようなしっかりした動機づけを決して継続することができなかった。 弟子は馬鹿でなかった、そして、パウロは一流の冷静な知識人だった。 考え直して、うそを捨てるために、3,40年の間にいくつかの機会があった。72 理解できない理由のために、偽りのために、これまでに死んだ1人の男性を思い浮かべて欲しい。 いくつかは過激派イスラム・テロリストの自爆テロ犯だ。しかし、過激派イスラム教徒は彼らがほしくてたまらないものを本当に信じる。 違いは、彼らの宗教が真実であるか間違っているかどうかについて、はっきりとはわかっている目撃者でないということだ。 他はジム・ジョーンズのような狂った人間を思い浮かべるかもしれない。しかし、これらのカルト的なリーダーは正気ではなかった。 復活が本当に起こらないならば、使徒は彼らがうそのために死ぬということを知っていたでしょう、そして、人はそんなことはしない。 71 Habermas, Gary & Licona, Michael, The Case for the Resurrection of Jesus, (Grand Rapids, MI: Kregel Press, 2004), 200. 72 Moreland, J.P., Scaling the Secular City, (Grand Rapids, MI: Baker Books, 1987), 171,172. 反論 どのように、我々は、初期のキリスト教徒が彼らの信仰のために死んだということを知っているか? この主張は、弟子(または初期のキリスト教徒)が死を覚悟していたという主張を下げる試みだ。 しかし、これは主張の誤解だ。 歴史家が彼らが信じていたもののために迫害されたことを否定するのが困難であったとしても、我々がここで論じるケースは彼らが信念のために死ぬ気があったという事実である。 これは微妙な違いのようかもしれません、しかし、教会のメンバーが彼らが信じていたもののために死ぬ気があったと結論することが、我々はできる。 第5章では、ネロがローマを燃やした事でキリスト教徒を責めたというC・タキトゥスの断定を、私はあげた。 これだけは、彼らの迫害を示す。 これらの迫害は、聖書で73、そして、外側の文書で74十分に裏付けられている。 73 Acts 7:59,60, Acts 8:1-4, Acts 12:1,2, 74 Josephus, Flavius, The Antiquities of the Jews, (Book XX Chapter Nine., Eusebius, Historia Ecclesiastica). 結論 この短い章では、イエスの弟子(初期の教会の多くのメンバーを含む)が復活の真実に対する彼らの信仰のため、恐ろしい苦しみを受け入れたことが示された。 彼らの苦しみの受容は、死の受容へ広がった。 人はうそのために生きるかもしれません、しかし、うそのためには、死なない。 このように、イエスの支持者の献身レベルは、復活の真実の強力な証拠とされる。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。