天の父に信頼して生きる マタイ6章19節~34節

聖書から
05 /13 2024
天の父に信頼して生きる マタイ6章19節~34節

いよいよ山上の説教の第3段落に入りました。
第1段落では、天の父のように隣人を愛し、敵をも愛するようにと人間関係について、第2段落では、人に見せるのではなく、天の父のまなざしのもとで生きることを教えてくださいました。
第3段落では、そのように天の父の子として生きるためにとても大切なことを教えていると思います。また主の祈り、特に「日ごとの糧を今日もお与えください」、という祈りの基礎、バックボーンともいえると思います。

6:19-21 天に宝を蓄える

 「あなたの宝を天に蓄えなさい」 あなたの宝とは何でしょうか。新共同訳では「富」と訳されていますが、24節の「富」とは違う言葉で、宝物というほうがふさわしいでしょう。前の段落とのつながりで考えれば、自分の報いは地上のもの、父からの報いは天にある宝、と言えるでしょう。
天とは死後の世界ではありません。死んだ後に天国でいただけるご褒美ではありません。あるいは生きているとき行ったよい行いが貯金のように積み上げられるわけではありません。
 「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」 あなたの心がどこに向いているか、何を拠り所として生きているかが問われているのです。
人からの称賛や名誉、地位、富や財産などに心を向けるのではなく、天の父のみこころ、父からの報いに心を向けなさいということです。

22-23 「からだのあかりは目」

 前の段落で、「あなたの心はどこにあるか」が問われましたが、ここでは「あなたの目はどこを見ているか」が問われています。目が澄んでいる、健全であるという言葉は、純粋、ひとすじという意味があります。あなたの目はひとすじに天の父を見ているか、ということではないでしょうか。見るべきものを誤るとそれは全身=全生活に影響を及ぼすのです。

24 「ふたりの主人に仕えることはできまい」
 天の父にひとすじに目を注ぐとき、同時に富にも目を注ぐことはできないのです。それは二人の全く異なる主人に仕えることを意味します。ここでいう「富」はアラム語で、富、財産、貪欲を象徴し、人を支配するものとして擬人化されています。

25ー29 「だからわたしは言う、心配してはいけない」

 神のみに仕える決断をしたとして、現実には生きていく上で様々な必要があります。そこで私たちが心配する(思い煩う)とき、富への誘惑となり、天の父から目をそらすかもしれません。そこで主イエスは「だからわたしは、あなたがたに言う」と、いつも大切なことを教えるとき使う言い回しをして、「心配してはいけない」と言われます。
26 「空の鳥を見なさい」 
 鳥は今日の分だけ、必死に餌を探していますが、明日のために蓄えていません。「あなたがたの天の父」が養ってくださるのです。私たちは働かなくていい訳ではありません。「労苦はその日一日で十分ある」(34節)とあります。
28 「野のゆりがどうして育つのか、よくわきまえなさい(注意しなさい、考えなさい)」
 さらになぜ着る物を心配するのか、言われます。もちろん、現代の物が有り余る中で「今日は何を着ようか」というのとは違って、当時の貧しい人々にとって、寒さを防ぎ、身を守る衣服が大事だったのです。しかし天の父は「よくしてくださらないわけがない」と主イエスは言います。
30節で「信仰の薄い者たちよ」と言われていますが、これは主イエスが私たちの不信仰を嘆いているのではなく、「あなたがた、信仰の少ない者たちであっても、よくしてくださらないことがあるだろうか」とも訳せるのではないかと思います。(あくまで個人的な解釈ですが)
31節で「だから心配するな」と再び言われます。「あなたがたの天の父はあなたがたの必要をご存じである」からです。それにもかかわらず、くどくどと繰り返して祈るのは、異邦人の祈りと同じなのです。主の祈りのところで述べたように私たちはこの父に信頼して「日々の糧を今日もお与えください」と祈るのです。
33 「だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。」
 私たちが真に求めるべきものは、食べ物や衣服ではなく神の国とその義、すなわち神の子として生きることなのです。それはまた「主の祈りを生きる」ことにほかなりません。
34 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。」
天の父に信頼する生き方は、心配、思い煩いから解放されて、神と隣人を愛して一日を精一杯生きることです。それが山上の説教で主イエスが教えてくださったことではないでしょうか。
関連記事

コメント

非公開コメント

Luke Tokita

プロテスタント福音派信徒、在野聖書研究者です。

eBile Japanというサイトを運営しています。メルマガも発行してます。

教団、教派、特定の神学にこだわらず、信徒として学んだことを書き留めています。

いわゆる「キリスト教こたつ記事」です。

eBible Japan(http://ebible.jp)