パリサイ人にまさる義 マタイ5章13-20節

聖書から
03 /25 2024
5:13-16 天の父があがめられるように

イエス様は「あなたがたは地の塩です」、「あなたがたは世の光です」と言われました。
塩の役割とは何でしょうか。腐敗を防ぐ、味を付けるなど、思いつくでしょう。私たちが塩であるなら、私たちが味を付けるとはどういうことでしょうか。無味乾燥とか味気ないいうことばがありますが、反対に私たちの存在が人々の中で「味わい」となるような、そんな人になりたいと思います。また人々を照らす光のような存在になれたらと思いますね。
しかし、それは私自身から出たものではありません。「わたしは世の光です」(ヨハネ8:12)と言われたように、私たちはイエス様の光を頂いて輝くのですね。
自分の力で地の塩、世の光に「なる」のではなく、「(今、すでに)あなたがたは地の塩、世の光です」と言われています。その与えられた塩が塩気をなくしたり、イエス様の光を隠したりしないようにしましょう。

また私たちの「よい行い」とは、私たちではなく、「天の父があがめられる」ような行いです。(16節)私たちが父の祝福(5:3-10)の中に生きる姿を見て、人々が背後におられる神様を讃えることが大切です。
 
5:17-20 パリサイ人の義にまさる義
イエス様はパリサイ人らが罪人の烙印を押す人々を受け入れました。しかしそれは罪などどうでもいいということではありません。「律法の一点一画もすたれることはない」のです。イエス様は「律法と預言者を成就する(満たす、完成させる)ために来た」と言われました。
そして21節以降で「ばか者」というだけで殺人と同じだ、というようなイエス様の言葉を聞き、イエス様の教えは厳しいなあ、と誰もが思い、意気消沈してしまうでしょう。

イエス様は私たちの罪深さを示し、意気消沈させるためだけに山上の説教を語られたのでしょうか。正直私自身、この学びをするまではそのように感じていました。この箇所をどのように皆さんにお話しするべきかと悩み、たくさんの神学書を読んで、そうではないことがわかりました。

それによって「山上の説教」の読み方が大きく変えられました!

19節には、律法を破ったり、そう教える者は「天の御国で最も小さい者」だと言われます。
しかし、20節では「あなた方の義が、パリサイ人らの義にまさっていなければ、天の国に入れない」と言われています。破った者は、最も小さい者と言われても天の御国にはいるようです。しかしパリサイ人の義では入れないというのです。不思議なことばですね。

では「あなたがたの義」とはどんな義でしょうか。
それは「信仰による義」であり、キリストが与えて下さった義なのです(ローマ3:21-24)
まもなくイースターですが、イエス様の復活を信じる者は「義と認められ」ています(ローマ4:25)
6節の「義に飢え渇く者」は神によって満たされるのです。

パリサイ人の義はキリストが与える義とは質が違う義なのです。程度の問題ではありません。
パリサイ人は613の戒めを守ることで義を得ると信じていました。彼らは自分の義、自分が褒められることを求めたのです。先ほどの「天の父があがめられるように」とは真逆なのです。

5:21以降の「殺すな」「姦淫するな」などの教えは、より厳しい倫理を求めているのではなく、律法の本来の目的を明らかにし、パリサイ人の義と、キリストの与える義との決定的な違いを説明しているのです。

先取りするようですが、山上の説教の結論が7章21節にあります。
人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と預言者である。」
これは、「あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい。」という有名はイエス様の教えと同じことを言っています。これがイエス様が完成させる律法と預言者すなわち聖書の本質なのです。
この点を踏まえて、これ以降を学んでいきたいと思います。

関連記事

コメント

非公開コメント

Luke Tokita

プロテスタント福音派信徒、在野聖書研究者です。

eBile Japanというサイトを運営しています。メルマガも発行してます。

教団、教派、特定の神学にこだわらず、信徒として学んだことを書き留めています。

いわゆる「キリスト教こたつ記事」です。

eBible Japan(http://ebible.jp)