FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエスが復活したという、人間の証言 COREFACTS 第8章 

第8章 イエスが復活したという、人間の証言 ここにはおられません。よみがえられたのです。まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい。ルカ24:6 導入 この点で、我々はイエスの復活に関して人類の証言を考慮する用意ができている。 そうすることは、人間の歴史の流れのために、キリスト信仰の中心的位置を示す。 1番目に、我々は、イエスが地上に残したマークを考慮する。 人がイエスを主と認めるかどうかにかかわらず、このデータは受け入れられなければならない。 現代の西欧世界の市民がどのようにイエスの性格に反応するようかという分析が、これに関係している。 第2には、我々は福音書自体の証拠を考慮する。 それは、本当に信頼できるか? もしそうならば、その証言が初期の教会がその最も早い日に宣言していたものと一致しているかどうか、決定されなければならない。 第3には、今日の懐疑的な学者の見方が我々が最後の3つの章を通して提出していた点を確かめるかどうか、我々は考えます、そして、最後に、我々は異議を考慮する。 世界史の証拠 これまで彼の出身地から遠くに旅行せず、一冊の本も書かず、妻を持たず、政治的なこともせず、または、不正に直面して自分自身を語らなかった、ナザレのイエスはこれまでに生まれた最も影響力のある人間だ。 歴史上のイエスの人生と教えが実際に何であったかについてこれだけは十分である。 なぜ、歴史を通した思想家は、それほどまじめにキリストの話をしたか? キリストの教会の最も悪意に満ちて憎しみを満たした反対者さえ、彼自身のことを悪く言うことが難しいとわかる。 時には、「イエスは、地獄について話しませんでした」と、言う人がおり、または、「イエスは、彼が天国への唯一の行き方であったと言わなかった。」、という。そのような声明は、聖書の知識の不足を示す。 多くの人はキリストの教えを捨てた。 しかし、他の人は彼を王ではないと扱うことが不可能であるとわかる。 「彼を否定することができないほど、何がそんなに印象的なのか?」、我々は自分自身に問いかけるのを見つける。 彼の教えは、キリスト教の歴史を通して学者によって解剖された。 誠実な信者は、科学的発見をして、科学的な機関を開始して、病院を設立した。 明らかに、キリストのメッセージは、人の生命のあらゆる面に、劇的な影響を及ぼした。 私は、これが彼が、実際、すべての被造物の主であるからであると思っている。 今日の文化においてしばしば、我々は良い道徳的な先生としてイエスに言及しているのを聞く。 イエスは、人をだまそうとしているならばうそつきで、神であると本当に思うならば狂った人間で、または、それが真実であるならば、彼は主であった。 彼は、うそつきか、狂っているか、本当に神か、そのどれかでしかない。 福音書の証言 1コリント15章だけでも単に復活を認めることができるという事実にもかかわらず、歴史家は複数の証明を福音書で発見する。 これらの文書が1世紀以内に書かれたとかなり思われていることができるので、これらは我々の強い味方だ。 多くの批評家は、福音書を割引する。 1つの一般的な不平の種は、彼らがキリスト教に対する偏見が明らかな個人によるので、福音書が復活の証拠とされてはならないということだ。 それでも、この考えが定着しない少なくとも2つの理由がある。 1番目に、そのような考えの支持者は、主要な原資料を捜すことの価値を認めていない。 福音書は、イエスの人生と教えの上で主要な源の一つだ。 彼らが最も初期のソースを特定の歴史の問題に関して利用できると思うことを拒否するならば、最終学位を追求している歴史家は決して卒業しないだろう。 なぜ、ルールはイエスの人生に関連した歴史の文書に関しては変わらなければならないか? 結局、これらが一次資料であるという事実は、これらが聖書の正典の中に入れられた理由だ。 第2には、公平な第三者によって書かれたものが考慮されるべきだが、 しかし、復活の目撃者報告を含む非キリスト教側の資料を探すことは、実を結ばない検索だ。 それは、事故を目撃した誰かから、実際には起こったと信じていない交通事故に関して目撃者証言を探すようである。 これらの理由から、福音書を議論に含むことは、公平だ。 「新約聖書に懐疑的であることは古典的な古代の全てを無きものにすることです、なぜならば、古代の文書で、新約聖書ほど書誌学的に証明された古代の文書は無い。」と、ジョン・ワーウィック・モンゴメリーは言う。80 80 Montgomery, John Warwick, History and Christianity, (Minneapolis, MN: Bethany House, 1986), 29. 困惑の原理 どのように、21世紀の歴史家は、そのような文書を審査するのか? 著者の正直は、最大の関心だ。 歴史家が使用する1つの重要なツールは、「困惑の原理」として知られている。 著者が個人的にきまりが悪い何かを含めるならば、これは実際に起こったイベントと、正直にそれを語る著者の信憑性を高める。 我々は、福音を通してこれを見つける。 女性は、たとえば、空の墓の発見者だ。 当時は、女性の証拠が男性のそれより大いに劣っていると考えられた父権的な文化だった。 著者が物語をでっち上げているか、脚色しているならば、彼らがイエスの女性の弟子を空の墓の発見者と想像したことは非常にありそうもない。 さらに、彼が再臨の日または時間を知らないと言うように、イエスは記録される。 ハーバーマスは指摘します、著者がきまりが悪い詳細と潜在的に信用できないことを含むことはありそうもない。 マルコ13:32で、福音書記者は、イエスが知らない何か(彼の再臨の時期)があると述べる。 イエスが神の地位を与えられ、神自身であるとさえする神学において、彼の知識の限界を強調している声明が含まれないと人は思う。 そういうわけで、大部分の学者は、この文がイエスについての実際の記述であることに同意する。 信者はこれがなぜ苦もなく本当かについて説明することができる。しかし、もし物語が造られたならば、それは主人公についてこの一見きまりが悪い事実を含まなかっただろう。 最後に、弟子達がイエスの教えにまごついて83、彼の死に絶望的し、希望を失っている所が84、福音書に発見される。 これらのどれも、人がでっち上げられた物語で発見するのを期待する詳細の種類でない。 83 Luke 24:25-27, 44-45; John 13:21-29. 84 John 20:19; John 18:13-27; John 20:24-29 複数の証明 いくつかは、福音書の間の矛盾があるように見えると指摘する。 「聖書は矛盾で満たされる。そして、これらの多くが両立しない矛盾だという。」Bart Ehrmanは要求する。 しかし現代の思想家が歴史を報告する方法が、1世紀に記録された方法と著しく異なると、認めねばならない。 イベントの年代順配列を再編成して、特定のことがどのように起こったかについて説明することは全く一般的だった。 このように、史書の彼らの見方を1世紀のパラダイムに強制する21世紀の歴史家は、問題、間違った形または矛盾と称するかもしれない。 これらは、古代の世界で働いている歴史家にとって問題ではなかった。 また、嫌疑のかかっている矛盾の多くは、現代の標準でも問題ない。 1人の著者は「天使」がイエスの墓にいると報告する、ところが、もう一人の著者はイエスの墓で二人以上の天使を報告する。 あなたが二人以上の天使を見つけるとき、「天使」がいたと言うことが真実である。 最後に、私が矛盾が聖書であると決して認めないけれども、たとえあったとしても、それは問題の歴史の文書が信頼できなかったことを意味しない。 文書の違いは、それらの文書の信頼性さえ増やすかもしれない。 たとえば、4人の嫌疑のかかっている共謀している泥棒が窃盗の夜のことを語るよう頼まれるならば、一言一句同一の証言はありえない。 これは、彼らが示し合わせた証拠である。 容疑者が無実であるならば、大きな事実が同じでありながら、調査者はわずかに異なっている詳細を聞くだろう。 このように、批評家が物語を扱うどんな方法ででも、福音書は歴史の研究をするための有効な原資料とされる。 これらのテキストが信頼できる著述を意味するならば、歴史家は複数の証明を含むイエスの復活を考慮することができる。 敵の証明 もう一つの有利な印は、敵の証明として知られている。 ハーバーマスは、このようにこの主義を例示する。 あなたの母があなたが正直な人であると言うならば、彼女があなたを愛していて、偏っていたとしても、我々には彼女を信じる理由があるかもしれない。 しかし、あなたを嫌いである誰かが、あなたが正直な人であると認めるならば、潜在的偏りが存在しないので、信じる強い理由がある。 敵対的だった誰かによって書かれる文書が彼の敵の主張の真実を認めるならば、問題のイベントが真実であるという確率は増える。 以前教会とイエスの自身の兄弟(ヤコブ)を迫害したパウロの証拠で、これは見つかる。そして、彼は懐疑論者だった。 このように、福音書の内容は、復活を擁護する論拠をさらに強化する。 それは歴史学の適当なツールに合致する、そして、問題のイベントはイエスが死者から復活したという仮説によって最も説明される。 福音書の証言は、他の宣言と一致している。 結論 この材料を調査した後に、福音書、初期の教会と現代の信者の証言が首尾一貫していると、読者は思うに違いない。 福音書が磔と復活に関して歴史的に信頼できることを証明することによって、それらの記者の実際の証言が何であったか明らかになる。 1コリント人15:3-5bに基づき、初期の教会には福音書の物語と一致していた信念があったことは、明白だ。 最後に、イエスには歴史への注目に値する影響と彼が提供する道徳的な驚くべき標準を、現代人が認めることを示すことによって、今日の信じない世界の証拠さえ教会のメッセージと一致していることは、明白だ。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。