荒野の誘惑(試み)マタイ4章1-11節

聖書から
01 /29 2024
荒野の誘惑(試み)マタイ4章1-11節

「神の子なら」
 イエス様はヨハネの洗礼を受けたとき、天からの声で「神の子」としてあきらかにされました。悪魔は、「神の子、キリストなら、・・・したらどうだ」と誘惑します。神の子かどうかではなく、神の子はどうあるべきかが試されています。
(「・・・しなさい」、よりも新共同訳の、「したらどうか」と言う訳は誘惑をよく表していると思います。)

 誘惑とは、その人にとって決して不可能なことではなく、可能なことで、一見良く見える、魅力的なことに惑わすことです。(創世記3章のアダムとエバへの誘惑を思い起こしてみましょう)悪魔は神の子、キリストなら可能なことで、魅力的な提案をしてイエス様を誘惑します。

イエス様の対応
 イエス様は聖書のことばをもって誘惑を退けました。それによって神の子、キリストはどのようなお方が逆にあらわされています。また、イエス様が引用したのはすべて申命記で、イスラエルの民がエジプトの脱出した後、荒野での40年間の試みで失敗した箇所でした。

第1の誘惑 「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。」
 これは、イエス様にとってどんな誘惑でしょうか。
 空腹なら神の子としての力を使ったらどうか、その力で人々の空腹を満たしてあげたらどうか。それが救い主なのではないか。そんな風に問いかけています。
 イエス様の答えは 「人はパンだけでなく、神のことばによって生きる」(申命記8:3)
 これはかつてイスラエルの民が空腹で神に不平を言ったとき、神様が教えたことでした。(出エ16:1-5)私たちに食物が必要なことは神様がご存じであり、神様が与えて下さるのです。私たちは神様に生かされているのです。そのことを抜きにしてただ「空腹を満たす」のが救い主ではありません。

「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。」(マタイ6:33)

第2の誘惑 「神の子なら、ここ(神殿の屋根)から飛び降りたらどうだ。」
 これは、イエス様にとってどんな誘惑でしょうか。
 悪魔は聖書に書かれていることを引用して(詩篇91篇11-12)、「神がこう言ってるのだから、それを人々の前で示したらどうか。そうすれば皆、お前がキリストだと証明されるだろう」と提案しました。
イエス様の答えは 「神である主を試してはならない」(申命記6:16)
 ここでも、イスラエルの民の失敗例があります。彼らは水を求めて、神がいるのか、いないのか試したのです。(出エ17:1-7)我々に求められているのは試すことではなく、信頼することです。イエス様は父なる神様を信頼していたので試す必要はありませんでした。悪魔が引用した詩篇91篇は神への深い信頼を表す詩です。聖書の一部を引用して誤った適用をすることにも注意しなければなりません。

第3の誘惑 「もし、ひれ伏してわたしを拝むなら、これをみんな与えよう」
 これは、イエス様にとってどんな誘惑でしょうか。
 悪魔は一時的で部分的ではありますが、この世を支配しています。その悪魔が退いてイエス様がすぐにこの世界を支配されるようになるというのです。これは素晴らしいことではないでしょうか。素晴らしい世界、理想の世界がすぐに実現するかもしれません。ただし、神の子が悪魔を拝むという代償つきです。
イエス様の答え 「あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ」(申命記6:13)
 イスラエルの民も王も、たびたび偶像礼拝をしていました。神でないものを神とすることがどれほど愚かなことか、何度も何度も神様は教えてきました。そのような誤った方法で神の国は実現しないのです。イエス様はへりくだって人に仕え、人を愛し、十字架と復活を通して私たちの罪を贖い、人を生まれ変わらせ、そのようにして神の国は実現するのです。それが神のご計画です。

 神の子キリストは、奇跡で人を引き付けたり、その力で豊かな生活を与えたり、権力を握って人を従わせたりするために遣わされたのではありません。ひたすら神に信頼し、従い、人に仕え、へりくだり、十字架の道をも歩む「全き人」として生きられたのです。
 全き人として私たちに模範を示されると同時に、全き人であるからこそ、私たちの罪を背負って十字架にかかることのできるお方なのです。

 私たちも、このイエス様に従う道を歩もうとするとき、脇道に誘う声を聞くかもしれません。そのときに神の言葉をもって答えることができるよう、聖書を学び続けたいと思います。

「キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、
ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。
人としての性質をもって現れ、自分を卑しくし、死にまで従い、
実に十字架の死にまでも従われました。
それゆえ神は、この方を高く上げて、すべての名にまさる名をお与えになりました。」
(ピリピ2:9-11)
関連記事

コメント

非公開コメント

Luke Tokita

プロテスタント福音派信徒、在野聖書研究者です。

eBile Japanというサイトを運営しています。メルマガも発行してます。

教団、教派、特定の神学にこだわらず、信徒として学んだことを書き留めています。

いわゆる「キリスト教こたつ記事」です。

eBible Japan(http://ebible.jp)