イエス様の祈りに支えられて

聖書から
11 /13 2022
シモン、シモン。見なさい。サタンが、あなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って聞き届けられました。 しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。(ルカ22:31,32)

イエス様が「あなたのために祈った」と言えば、もちろんそれは社交辞令ではなく、私たちにとっては何よりの慰めのことばです。
いえ、単なる慰めを越えた希望がそこにあります。

もうすぐペテロが恐れから「イエスなど知らない」と三度も言ってしまうことを知っていたイエス様は、「ペテロ、あなたのため祈ったよ」、と言われました。
このときのペテロにとっては訳がわからなかったでしょう。しかし実際にペテロがイエス様を裏切り、泣き崩れたとき、きっとこのイエス様のことばを思い出したでしょう。

そしてペテロが立ち直ることを見越して、立ち直ったら他の兄弟たちを力づけなさい、とお命じになりました。

ペテロのこの失敗は4つの福音書すべてに記され、今に至るまで伝えられてきました。
初代教会のリーダーの失敗談は、2千年に渡って非常に多くの人々を慰め、力づけてきたことでしょう。

仲間を励まし、力づけるのは、多くの場合、成功体験ではなく失敗体験ではないでしょうか。

今もイエス様は私たちひとりひとりのために、とりなしをしておられるます。(ローマ8:34)

私も、友のために祈り、自分の失敗も恥とせず、友を励ます者となれたらと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

Luke Tokita

プロテスタント福音派信徒、在野聖書研究者です。

eBile Japanというサイトを運営しています。メルマガも発行してます。

教団、教派、特定の神学にこだわらず、信徒として学んだことを書き留めています。

いわゆる「キリスト教こたつ記事」です。

eBible Japan(http://ebible.jp)