FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の知らないキリスト教の影響

「日本人は、昔からお寺で葬儀をしたり、神社で結婚式をしたりしており、キリスト教は後から入ってきた」と思っている人もいるが、とんでもない。

 昔は葬儀など行われず、死体は汚れたものとして最下層の非差別民に始末させていた。貧しい者は川などに放置された。
 戦国時代、キリシタンが丁寧に葬儀と埋葬をする姿に日本人は感動したと伝えられている。お寺が葬儀を行うのは後に檀家制度ができてからである。

 ★檀家(寺請)制度はキリシタン取り締まりのためであった。

 徳川幕府は、キリシタンでは無いという証として(宗門改)、すべての人を寺に所属させ、事実上の戸籍の管理を任せた。日本人は幕府により仏教徒にさせられたのだ。

 寺院では現在の戸籍に当たる宗門人別帳が作成され、旅行や住居の移動の際にはその証文(寺請証文)が必要とされた。各戸には仏壇が置かれ、法要の際には僧侶を招くという慣習が定まり、寺院に一定の信徒と収入を保証される形となった。

 ★町内会の起源は、キリシタンを取り締まる五人組であった。

 徳川幕府は、キリシタンや浪人の取り締まりのために五人組制度により、連帯責任、相互監視の統治組織とした。これが昭和初期の隣組を経て、その活動の一部は町内会、自治会に引き継がれている。もちろん相互監視や思想統制の役目は、戦後GHQにより隣組が解体されるまでのことである。

 また、明治政府は明治4年に民衆を神社の氏子とする氏子調(うじこしらべ)を発令する。これは檀家制度を神道に置き換えたものである。明治6年(1873年)のキリスト教禁止政策取り止めに伴い、氏子調もわずか2年で廃止されたが、一村一社での氏神-氏子意識を定着させるなど、後の神社神道への礎となった。
自治会と神社の密接な関係は、現代まで続いている。


また、七五三や結婚式が神社で行われるようになったのは明治以後のことある。


 このように一部の貴族階級を除いて、一般民衆は為政者により、(キリスト教を排除するために)仏教徒や氏子にさせられたのである。

 「うちは先祖代々何々宗だ」という人には、ほんとにそうなのか考えてみることをお勧めしたらよい。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。