FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエスは死後、人々に現れた COREFACTS 第6章

第6章 イエスは死後、人々に現れた その後、キリストは五百人以上の兄弟たちに同時に現われました。その中の大多数の者は今なお生き残っていますが、すでに眠った者もいくらかいます。使徒15:6 導入 ローマの磔によってイエスの死んだけれども、彼が墓に残るならば、我々が彼を主と呼ぶことは誤っているだろう。 しかし、彼の死が明らかになったあと、そのイエスは人々に現れた。 この章では我々がこの証拠を調べて、関連したフィールドのどんなリーダーがそれについて言っているかについて考える。大多数の学者は、支持者と敵がイエスが蘇った主として彼らに現れたと信じたことに同意する。これは調査で最も論争の的となる面の1つ。 第1コリント15章が有効な材料であることは懐疑論者も認める。 結局、手紙自体には確かに初期の日付があり、パウロによって書かれた。 その手紙では、パウロは、イエスが死んで、葬られて、再び復活したと主張する。 彼は説明する、 1 兄弟たち。私は今、あなたがたに福音を知らせましょう。これは、私があなたがたに宣べ伝えたもので、あなたがたが受け入れ、また、それによって立っている福音です。 2 また、もしあなたがたがよく考えもしないで信じたのでないなら、私の宣べ伝えたこの福音のことばをしっかりと保っていれば、この福音によって救われるのです。 3 私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、 4 また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、 1 コリント 15:1-4 パウロが手紙を書く頃には、事実が曲げられ、単純な物語が神話的になるための十分な年があったとしばしば主張される。 すなわち、人々は彼が本当は死なないで、復活してないということを知っていた、しかし、時間とともに、物語はますます素晴らしくなった。 本当は、非キリスト教の学者によってさえ同意される聖書は、直後に、人々が死者からのキリストの復活を主張していたことを、証明する。 第一コリント15:3-5bで記録されるように、キリストの死、埋葬と復活の声明はキリスト教徒のコミュニティによって使用れた信条の声明の形であると大部分の学者の間で、同意している。第3節で、パウロは彼が他の誰かからそれを受け取ったと主張する、しかし、彼はそれが誰であったかについて書いていない。 しかし、我々が彼の著作で発見する唯一の可能性は、ガラテア1:18で記述されるエルサレムの教会への彼の訪問だ。 これによると、この訪問は彼の回心の3年後である。 大部分の学者が十字架の後1から3年の間にパウロの回心を置くので、第1コリント15章のパウロの信条の年代はそれらの後ちょうど4~6年までとなる。 そこですでに教会で使用中の信条の声明であったので、それはパウロが受け取る前に始まったにちがいない。 キリストが地上の人々から離れたすぐ直後に、彼が死んで復活した、と主張していたという聖書(キリスト教の敵によってさえ認められている)に基づく動かぬ証拠があることを意味する。 このように、聖書に、内在的証拠がある。 これは唯一の証拠でない。 パウロは、イエスが死んで、葬られて、墓から生き返ったと主張した。 同じものが大統領について要求されたと想像して。 ほとんどは、これが愚かであったと思う。 しかし、研究者が、それが真実だと証言する500人以上の所在を突き止めることができたとしたら? 彼らが国中に散らばって、連絡しなかったけれども、彼ら全員が法廷に立っていて、同じことについて同じレポートを伝えるならば、どうか? 議論は、論破するのが難しい。 これは、正確にパウロの声明において主張されることだ。 彼は書いている、 5 また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。 6 その後、キリストは五百人以上の兄弟たちに同時に現れました。その中の大多数の者は今なお生き残っていますが、すでに眠った者もいくらかいます。 7 その後、キリストはヤコブに現れ、それから使徒たち全部に現れました。 8 そして、最後に、月足らずで生まれた者と同様な私にも、現れてくださいました。 1 コリント15:5-8 10人、50人または100人でもなく、500人以上に、いくつかの異なる場所でイエスは見られた 反論 反論  パウロがイエスの復活話を作ったとしたら? 復活したキリストを見た人々が、彼がコリント人に手紙を書いたときがまだ生きているのを、パウロはコリント15章で主張した。 パウロが世界中で繰り返された主張において、復活した主に会ったとか、1つの顕著な社会イベントといえる、キリストが500人に現われたという嘘をついたなら 、これを論破した誰かがいないのだろうか? 本当に、500人がそのようなものを見たと主張したことを否定するイスラエル人を、キリスト教にそれほど反対だったユダヤ人の指導部は、見つけないだろうか? パウロが名前を口にした人々は、彼に対して反対意見を述べないか? パウロの主張を支持する無数の原稿に対して、パウロが言ったものが偽りだったと述べている信頼できるものは、これまでにいつでも世界のどこにも存在しなかった。 ある人はこう主張する、「コリント人へのパウロの手紙が回覧されて、複製される頃には、それらの批評家は死んでいる。」 ことばのコミュニケーションと書面での対話が重要な世界だった。 ヘブライ人は、彼らのことばの歴史で知られている。 今日さえ、正統的なユダヤ人の家族は過去の知識を伝える。 彼らは正確だ。 たとえパウロの手紙が人気を得る頃には最初の批評家が死んでいたと言われることができたとしても、それらの批評家の子は誤解を正した。 しかし、これはありそうでない。 大部分の批評家は我々が持っている最も初期のパウロの手紙として1コリントがおよそ西暦55年頃に書かれたとする。 反論  弟子が単にイエスの幻、夢または幻覚を見ただけならば、どうか? イエスの死亡と後の現れの強い証拠のため、実際に本当のイエスよりはむしろ、初期の信者が何らかの精神的な例外を経験していたという見方を、一部の研究者はとった。 その主張は、複数の個人が類似した幻覚、夢または幻を経験したということだ。 イエスが死者から本当に復活したという1世紀のキリスト教徒の側の誤った信念に、これは終わった。 この主張は、様々な形で明らかにされる。 初期のキリスト教徒は、彼ら自身の悲しみに基づく個々の幻覚、グループ幻覚またはある種の混乱を経験した。 彼ら全員が宗教的な期待のため、生きているイエスに会ったことを確信した有頂天の大量の幻覚を、弟子(500人を含む)が経験したと、Gerd Ludemannは主張する。 この仮説に関する問題は、宗教的な期待がこの特定の群衆の個人に類似した幻覚をもたらさないということだ。 彼らの宗教的な背景(イエスが教えたものとの違いを含む)の違いは、多くの種類の異なった幻覚を引き起こす。 パウロ、ペテロ、ヤコブのケースでは、転換障害として知られている精神的な現象であったと、懐疑論者はしばしば主張する。 転換障害は、感情的な苦悩の重大で劇的な猛攻撃を受けた個人によって経験される問題だ。 実例を示すと、ユダヤ教の分派を迫害するために個人をしいたげていて、殺していた恐怖をパウロが突然認めるならば、彼は盲目または麻痺(両方とも転換障害の徴候である)を経験するかもしれない。 この仮説に関する問題は、明らかだ。 1番目に、たとえ人がパウロの証言をこの変でまれな障害に訴えることによって説明することができたとしても、それは復活したイエスを見たと主張した何百人もの他の人について何も説明していない。 第2には、パウロが彼の前の人生を解説するとき、我々は罪の意識のない、無頓着な改革運動者を見る。 パウロが悲しみに打ちひしがれていたとは、彼の回心の前に、彼の著作でどこにも述べられない。 ペテロとヤコブに関して、批評家はさらにより少ない証拠に頼っている。 この証拠に基づいて、我々はイエスの死の後、その肉体の顕現を正しく主張する。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。