あとの者が先になり、先の者があとになる

コラム
12 /28 2020
あとの者が先になり、先の者があとになるものです。(マタイ20:16)

先日、夢の中でこのイエスのことばが浮かびました。
神様が私の心の奥底に語りかけて下さったのだと思います。

この言葉はペテロが

  「私たちは(あの青年とは違い)何もかも捨てて従ってきました。何がいただけるでしょう」

という問いに対して語られ、続くぶどう園のたとえの最後に、

  「一時間しか働かなった者に私たちと同じ賃金を払うのか」

と不満を述べる人たちに語られました。

人より前に、彼より上に、と比較し、競争することを強いられてきた人もいるでしょう。

私たちは人と比較することで自分の価値を確かめようとします。

人の目には「後のもの」と見えるものが、神の国では「先になる」のです。

私たちの狭い視野で比較するとの愚かしさを教えられます。

私自身、いつまでたってもそんな心のくせから抜け出せないのです。

人と比較するとき、神と関係も人との関係も不安定なものになっていきます。

神の国は「報酬ではなく恵み」「行いによらず、恵みによる」のです。

神様が私たちに与えておられる恵みは、私たちの働きや業績などとは比べられないほど大きなものです。

ルカ15章の放蕩息子のたとえでは、兄息子が弟に嫉妬して不満を述べていますが、父は

 「私のものは全部おまえのものだ」

と言います。兄は自分に与えられているものに気づいていなかったのです。

「わたしはここにいるよ」 ~コロナ禍で迎えるクリスマスに思う その3~

コラム
12 /24 2020
「わたしはここにいるよ」
~コロナ禍で迎えるクリスマスに思う その3~

今年は人とのつながりについて考えさせられる年でもありました。

コロナ禍によって外出も集まることもできなくなって、孤独を味わったり居場所を失ったりした人もいるでしょう。

テレワークでメンタルに変調をきたす方もおられるようです。

一方で煩わしい人間関係から解放されたということもあるかもしれません。

あなたは誰といるときに一番安らぎを感じるでしょうか?

このクリスマスにいまいちど、

「わたしはここにいるよ」

という神様の声を聴きたいと思います。

"「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)" マタイの福音書 1章23節

"見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」" マタイの福音書 28章20節

いつも共におられる神様からくる平安、慰め、希望が、来る一年も皆様の上に豊かにありますように。

メリー・クリスマス!

「真のリーダーとは」  ~コロナ禍で迎えるクリスマスに思う その2~

コラム
12 /23 2020
「真のリーダーとは」
 ~コロナ禍で迎えるクリスマスに思う その2~

コロナ・ウイルス対策においては、各国、各自治体のリーダーの政策、姿勢、そしてそのメッセージの重要さが認識されました。

国民に寄り添い、その思いをメッセージとして伝え、自ら率先して行動する、そんなリーダーが求められています。

-------

イエス様は私たちと同じ人となって、弱い者、貧しい者、疎外されている者と共に過ごし、彼らに希望のメッセージを語り、自ら命を犠牲にしてくださったお方です。

「人の上に立ちたいと思うなら、皆のしもべとなりなさい」と教え、自ら実践されました。

このようなリーダーが「わたしについてきなさい」とおっしゃるなら、私たちは喜んでついていくでしょう。

祈り

天の父よ、大きな責任と使命を負っている世界のリーダー達に、知恵と勇気と愛と力をお与えください。

イエスキリストのお名前によってお祈りします。

そこに愛はあるか ~コロナ禍で迎えるクリスマスに思う その1~

コラム
12 /19 2020
「そこに愛はあるか」
 ~コロナ禍で迎えるクリスマスに思う その1~

「兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるために召されたのです。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい。 」(ガラテヤ5:13)

目に見えないウイルスによって、去年の今頃には想像もしていなかった状況に陥り、1年が過ぎようとしています。

全世界規模で、人々の自由が制限されました。
それでも自由を主張する人々もおり、マスクをしない自由、ワクチンを打たない自由などを主張する人々のデモなどを耳にします。

一方で独裁的な政府のもとでは感染抑止に成功している国もあります。
自由を大切なものとして育んできた西洋諸国においては、苦渋の決断を迫られました。

ある人は「この戦いは(ウイルスの闘いであると同時に)現代社会との戦いだ」と言っています。

----------------

私たちが自由を与えられたのは自分勝手に生きるためではありません。
自由は大切なものです。しかしその使い方が問われています。

「そこに愛はあるんか」というユニークなCMがありますが、私たちが自由を振りかざす時、「そこに愛はあるのか」が問われるのです。

イエス様がこの世界にお生まれになったのは、愛の源である神が私たちと共にいてくださり、神を愛し、人を愛する生き方をさせてくださるためでした。

キリスト信仰とは、「神を愛し、人を愛し、神と共に生きること」なのです。
愛するということは「大切にする」と言い換えることもできます。
「神を大切に、自分を大切に、そしてすべての人を大切にする。大切に思う。」ということですね。

コロナ後の世界は確実にコロナ前の世界から変わっていきます。
でも変わることのない神様の愛を頂いて、コロナ後の世界も神様と、また隣人と、共に生きていくものでありたいと思います。

祈り

神様、どうぞ私たちと共にいて下さり、死よりも強いあなたの愛によって私たちを強くし、あなたの愛からくる平安と希望の中に、私たちを生かしてください。

イエスキリストのお名前によってお祈りします。



日本人の知らないキリスト教の影響

コラム
07 /04 2015
「日本人は、昔からお寺で葬儀をしたり、神社で結婚式をしたりしており、キリスト教は後から入ってきた」と思っている人もいるが、とんでもない。

 昔は葬儀など行われず、死体は汚れたものとして最下層の非差別民に始末させていた。貧しい者は川などに放置された。
 戦国時代、キリシタンが丁寧に葬儀と埋葬をする姿に日本人は感動したと伝えられている。お寺が葬儀を行うのは後に檀家制度ができてからである。

 ★檀家(寺請)制度はキリシタン取り締まりのためであった。

 徳川幕府は、キリシタンでは無いという証として(宗門改)、すべての人を寺に所属させ、事実上の戸籍の管理を任せた。日本人は幕府により仏教徒にさせられたのだ。

 寺院では現在の戸籍に当たる宗門人別帳が作成され、旅行や住居の移動の際にはその証文(寺請証文)が必要とされた。各戸には仏壇が置かれ、法要の際には僧侶を招くという慣習が定まり、寺院に一定の信徒と収入を保証される形となった。

 ★町内会の起源は、キリシタンを取り締まる五人組であった。

 徳川幕府は、キリシタンや浪人の取り締まりのために五人組制度により、連帯責任、相互監視の統治組織とした。これが昭和初期の隣組を経て、その活動の一部は町内会、自治会に引き継がれている。もちろん相互監視や思想統制の役目は、戦後GHQにより隣組が解体されるまでのことである。

 また、明治政府は明治4年に民衆を神社の氏子とする氏子調(うじこしらべ)を発令する。これは檀家制度を神道に置き換えたものである。明治6年(1873年)のキリスト教禁止政策取り止めに伴い、氏子調もわずか2年で廃止されたが、一村一社での氏神-氏子意識を定着させるなど、後の神社神道への礎となった。
自治会と神社の密接な関係は、現代まで続いている。


また、七五三や結婚式が神社で行われるようになったのは明治以後のことある。


 このように一部の貴族階級を除いて、一般民衆は為政者により、(キリスト教を排除するために)仏教徒や氏子にさせられたのである。

 「うちは先祖代々何々宗だ」という人には、ほんとにそうなのか考えてみることをお勧めしたらよい。

Luke Tokita

プロテスタント福音派信徒、在野聖書研究者です。

eBile Japanというサイトを運営しています。メルマガも発行してます。

教団、教派、特定の神学にこだわらず、信徒として学んだことを書き留めています。

いわゆる「キリスト教こたつ記事」です。

eBible Japan(http://ebible.jp)