「マルタとマリヤ」と思い込み

聖書から
09 /16 2021
「さて、彼らが旅を続けているうち、イエスがある村に入られると、マルタという女が喜んで家にお迎えした。
彼女にマリヤという妹がいたが、主の足もとにすわって、みことばに聞き入っていた。」
「しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。マリヤはその良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません。」
ルカ10章38,39節、42節 新改訳

口語訳、新改訳はマリヤを「妹」と訳していますが、新共同訳、新改訳2017、聖書協会共同訳は「姉妹」と訳しています。
原語は姉妹ですので、どちらが姉か、妹かはわかりません。
実は口語訳、新改訳でも、同じ単語を他の箇所では「姉妹」と訳しています。
この箇所だけなぜか「妹」なのです。

小さなことのように思えますが、それがこの箇所をどのように解釈してきたかを現わしていると思います。

私たちは現代の日本人の感覚を聖書に当てはめてしまいがちです。
例えば、しっかり者の姉とのんびり屋の妹、姉が忙しく家事をやってるのに妹は知らんぷりでスマホを覗いている、そんな構図を描いていませんか。

そうするとマルタに味方したくなります。

師の足下は特等席です。この時代では男の弟子が座る場所です。マリヤがそこに陣取ったのは、イエス様が女性を大事にされたこともありますが、異例のことで、それだけ彼女はイエス様の言葉を聞きたかったのでしよう。のんびり屋の妹だからではありません。
またこの時代の人々は聖書を持っていません。イエス様の話を聞けるのは貴重な時なのです。
イエス様は、彼女がそれを選んだので、それを取り上げてはならないと言われました。
どっちの奉仕が大事かではなく、自ら良いものを選び取ることを教えています。

皆さんが同じように解釈していたかはわかりませんが、ちょっとした誤訳と思い込みが、聖書理解の妨げになっている例として参考にして頂ければ幸いです。

マルタとマリヤ

安心して生きなさい

聖書から
05 /03 2021
「あなたの信仰が、あなたを救ったのです。安心して行きなさい。」  (ルカ7:50)

犯した罪はいつまでも消えないのか。

いつまでも「罪深い女」と呼ばれて生きなければならないのか。

でもあの方は言ってくださった。

「あなたの罪は赦されています。」

こんな私でもいいのですか。

あなたの信仰、それ十分、安心してきなさい 

「敵を愛せよ」なんて無理でしょ?

聖書から
03 /14 2021
「敵を愛せよ」なんて無理でしょ?

「あなたの敵を愛しなさい。あなたを憎む者に善を行いなさい。 
あなたをのろう者を祝福しなさい。
あなたを侮辱する者のために祈りなさい。」(ルカ6章27-28)

こんなの無理、綺麗ごと、なんて思います?

確かに実際に自分を憎んでる人を愛するなんて、無理って思うのが普通ですよね。

でもちょっと待ってください。

「愛しなさい」って言っても好きになれとか、仲良くなれとか、友達になれとかじゃないみたいですね。

もちろん、そうなるのが理想かもしれませんが、感情的には無理。

そう、ここで愛するっていうのは感情じゃなくて意思なんですよ。

たとえ相手がどんな人でも、その人のために善=正しいことをしなさいってこと。

「隣人を愛しなさい」ということばには納得しますけど、じゃあ、隣人って誰?って、善きサマリヤ人のたとえの箇所でパリサイ人が言ってたように、自分で隣人の枠を決めてしまってないでしょうか。

自分に敵対する人も含めて「隣人になれ」と言われています。

そして誰に対しても正しいことをするのは、私たち自身のためでもありますよね。

パウロもこう書いてます。
「だれに対してでも、悪に悪を報いることをせず、すべての人が良いと思うことを図りなさい。」(ローマ12:17)

「悪に悪を」返したら、結局わたしも相手と同じになってしまいます。

感情的にはしたくなくても、神の子となった私たちは神様に喜ばれるためにも、信仰と意思で敵対する人にも善を行い、祝福し、祈る者になりたいと思います。

そして、この言葉を文字通り実行したのは、イエス様ご自身に他ならないのです。

「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」(ルカ23:34)

自分をむち打ち、唾をかけ、十字架につけた人々を、イエス様は赦したのです。



お祝いの時に断食? イエスは信徒の義務など教えない

聖書から
01 /11 2021
お祝いの時に断食? イエスは信徒の義務など教えない

彼らはイエスに言った。「ヨハネの弟子たちは、よく断食をしており、祈りもしています。また、パリサイ人の弟子たちも同じなのに、あなたの弟子たちは食べたり飲んだりしています。」 
イエスは彼らに言われた。「花婿がいっしょにいるのに、花婿につき添う友だちに断食させることが、あなたがたにできますか。 
しかし、やがてその時が来て、花婿が取り去られたら、その日には彼らは断食します。」(ルカ5:33-35)

当時は週に何度も断食し、一日に何度も祈るとか、そのような決りを守ることを宗教的に大切にしていました。

ところがイエス様とその弟子たちは、宴会ばかり。

イエス様は「今はお祝いのときなのだ。どうして断食させられるか」と言われました。

イエス様はご自分に従ってくる人々が、神のもとに帰ってきたことをまず共に喜びました。
断食や祈りは、必要なときがくれば彼らは自らするようになる、と言われました。

イエスは弟子たちに、断食や祈り、献金、奉仕、教会出席せよ、などと教えませんでした。

なによりもまず、共に喜んでくださったのです!

009-lumo-jesus-matthew.jpg

イエス様をフォローしよう

聖書から
01 /11 2021
イエスはシモンにこう言われた。
「こわがらなくてもよい。これから後、あなたは人間をとるようになるのです。」 
彼らは、舟を陸に着けると、何もかも捨てて、イエスに従った。(ルカ5:10‐11)

「何もかも捨てて、イエスに従った」
英語聖書では、left everything and followed him.

「奴隷が主人に従う」服従、obeyではなく、
「ついていく、同行する」followなのです。

何よりも優先してイエス様をフォローしましょう。

jesus_follow.png

Luke Tokita

プロテスタント福音派信徒、在野聖書研究者です。

eBile Japanというサイトを運営しています。メルマガも発行してます。

教団、教派、特定の神学にこだわらず、信徒として学んだことを書き留めています。

いわゆる「キリスト教こたつ記事」です。

eBible Japan(http://ebible.jp)